×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラフカディオ・ハーン

小泉八雲


生涯

1850年6月27日ギリシアのレフカダ島でゲール人である父とギリシャ人の母の間に生まれる。

2歳の時ダブリンに引っ越したが、両親が離婚!   

まあ、この後、ダブリンの大叔母に引き取られ、イングランドの神学校に在籍したとこまでは良かったんですが、

16歳の時、左眼失明 父病死 大叔母破産!!

その前後、彼はフランスでも教育を受けているそうですが、………よくもまあ、こんなに不運が続くものです。

普通の人間なら発狂/不良のいずれかの道を辿りそうなものですが………何と19歳にして渡米、24歳で新聞記者になっちゃいます。しかもそれだけじゃありません! 彼の外国文学の翻訳・創作活動の発表により文才を認められ、ハーバー書店の寄稿家になっちゃいます。

この人、めちゃくちゃ頑張りました。

そして、1890年、39の時に記者として来日。 東大のチェンバレン教授や文部省の紹介で、島根県尋常中学校・師範学校の英語教師になります。当初はヘルンさんとして親しまれ、松江の風物・人情も気に入り、武家の娘の小泉セツと結婚し武家屋敷に住むほどでしたが、冬の寒さと大雪に閉口し、日本各地を転々とし、1904年狭心症で死去。享年54歳。


旧邸

小泉八雲は生前、武家屋敷に住まい、11月に熊本に赴任するまでセツ夫人と共に過ごした。

部屋をぐるりと取り囲む庭は、竜安寺みたいに山水を絡めた造りです。

←庭

 

机:八雲は左眼を失明していた上に、右眼もど近眼だったため、とても高い机を特注して愛用していました。

ほら貝:セツ夫人が江ノ島にて求めたものです。八雲はこれを気に入り、人を呼ぶと来よく使ったそうです。………夫婦愛はいいんですが、人使いがちょおと粗い気がします。

ラフカディオ・ハーンの主な著書についてはこちら


付録・武家屋敷

松江藩の中級藩士達が入れ替わり住んだ場所です。

宇賀山を掘削して造られた塩見縄手(※)に面した場所に立地しています

裏手は家族が使っていたためか、比較的質素な造りになっています。

公私の区別に厳格だった当時の武士達の気質を反映しているのでしょうか?

←座敷

 

↓水への需要のため井戸もあります。

*この地に一時住んでいた塩見小平の異例の昇進をたたえてこの名が付けられました。


どう展示場